産後ニキビに効く!食事や飲み物を大研究

産後の肌荒れ「なぜ急にニキビができるようになるの?」

産後の肌荒れの中でも多いのが、
「それまでほとんど悩まされた事がなかったのにニキビがポツポツとできるようになった」
「吹き出物ができるようになり、しかもなかなか治らない」
「赤くて大きい目立つニキビができるようになった」
という声です。

 

【なぜ産後にニキビや吹き出物ができやすくなるのか】
答え:ホルモンのバランスが崩れるから
妊娠中は女性ホルモンが活発化し、どちらかといえば肌荒れは少ない傾向があります。しかし出産を終えると、女性の体は通常の状態に戻ろうとします。通常の状態とは、生理が始まり排卵日がある状態です。女性の場合は排卵日を境にして、女性ホルモンと黄体ホルモンのバランスが変化します。よく生理前になるとニキビができる人がいますが、これは生理前には黄体ホルモンが増えて皮脂が過剰に分泌されるためです。
産後はまだホルモンのバランスが一定していません。母乳による授乳の影響もあります。ホルモンのバランスが乱れやすく、皮脂の分泌が活発になったり、肌のバリアー機能が低下して刺激を受けやすくなります。毛穴の詰まりがおきて、吹き出物になりやすいといった症状になります。

 

【産後のニキビ・吹き出物対策】
・刺激の少ないスキンケア化粧品を使う
・大人ニキビ(10代のニキビケアではなく)用の基礎化粧品に変える
・栄養バランスの整った食生活を意識する
・なるべく良質の睡眠を確保する
・育児ストレスを感じないようにリラックスして過ごす

 

産後のニキビや吹き出物対策としては、本来は生活習慣の見直しが基本です。しかし実際問題として赤ちゃんの居る生活で、なかなか充分な睡眠は確保できませんし、料理に時間もかけられません。慣れない育児でどうしたってストレスも感じるでしょう。
こうした事は時間と共にじょじょに慣れてきたり、自分なりのストレス解消法を見つけたり、周囲の協力を得て改善していくしかありません。

 

しかし産後のニキビのためのお手入れ方法はさほど難しくありません。大人ニキビや吹き出物のための、低刺激で天然成分が配合された専用のスキンケア製品を選びましょう。